ホームページ飲食店集客方法 飲食店開業

飲食店集客方法。
売上アップに必要な集客ノウハウとしてお店のホームページを使った見込み客を来店客へとするコツ。
ノウハウの紹介

飲食店ホームページの作り方

飲食店ホームページの作成方法。
ホームページの作成は初心者。
パソコンはある程度使用できる。
という飲食店のオーナーにオススメな方法は、 ブログで飲食店ホームページを作る方法。

ホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトを購入し、作成する方法。
また、ぐるなび、ぐるめギャオ、などの飲食店検索サイトに登録し、決められたテンプレートでお店の情報をのせるという方法が考えられます。
あとは、このほかにも、ホームページ製作会社に作成を依頼するという方法も考えられます。
それぞれの方法について、メリット、デメリットをみていきます。

まず、ブログで飲食店ホームページを作る方法。
この方法の一番のメリットは、簡単にサイトを更新することができることです。
飲食店では、日替わりメニューや、臨時休業のお知らせ、季節ごとのメニューの変更、など、お客さんにお知らせしたいことが たくさんあります。
ブログだと、もともと日記形式なので、日記を書き込むように簡単にお知らせを変更できます。
また、カテゴリーわけの機能を使えば、例えば、営業時間・日替わりメニュー・通常メニュー・スタッフ紹介・営業日のお知らせなどに カテゴリわけをすれば、訪問者に見やすく、簡単に必要な情報を検索してもらえる。
また、ブログだと、画像を挿入するのも簡単にできる。

デメリットとしては、商用利用可のブログを開設しないといけない。
決められた形式、デザインのサイトになる。
こだわりを持ったデザインにしたい場合は、 ある程度の知識がいる。
か、テンプレートをカスタマイズできる人に頼まないといけない。

ホームページビルダーを使用して飲食店ホームページを作成するメリット。
ホームページ作成の知識がなくても、簡単にホームページを作成することが可能。
デメリットは、商用利用可のサーバー、ドメインを収得しないといけない ので、ある程度の知識が必要。
ただ、慣れれば、いろんなことができるので、上級者向き。

ぐるなび、ぐるめギャオなどの飲食店検索サイトに登録する方法。検索サイト側が用意した共通テンプレートに、お店の住所、営業時間、 メニュー、値段を記入するだけで、飲食店ホームページが作成、完成できる。
また、検索サイトなので、個人で飲食店ホームページを 運営すると比較して、アクセス数も期待できる。

デメリットは、毎月の利用料金がかかること。
また、飲食店検索サイトのなかでの競争 も激しくなっており、大手企業などの飲食店は、専用のカメラマンに料理の写真を撮影、掲載、魅力的なページを作る。
別料金の 特集の参加、上位表示などの対策がなされている。
これらライバルサイトに自分のサイトが埋没する可能性もある。

ホームページ製作会社に依頼する方法。
これは、まったくの知識がなくても飲食店ホームページを持つことができる。
デメリットは、製作料金がかかること。更新するたびに料金がかかる。
製作会社が作成したホームページが必ずしも、集客の面で 役にたつかかぎらないこと。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

飲食店ホームページのアクセスアップ、集客方法のノウハウ・コツ

いろんな作成方法で、念願のお店のホームページが完成
。ココからが大事になります。
自分のお店のホームページを、将来のお客さん候補である見込み客さんに訪問してもらわなければなりません。
アクセスされてはじめて、ホームページを利用した飲食店集客方法となります。

では、その方法は。
ブログ、ぐるなび、グルメギャオなどの検索サイト以外で、自分で、サーバーを借りてホームページを作成した場合、 ヤフーの登録サイトに登録してください。ヤフーのカテゴリ登録をしてください。
お店の所在地のグルメ、地域によってはさらに、 ラーメン、レストラン、居酒屋、焼き鳥、などなどカテゴリわけされているかも。
そのなかで、自分のお店が一番近いカテゴリに 登録の申請をしてください。
無料で登録申請することができますが、無料の場合だと、実際に登録されるかはわかりません。
一度、無料で登録申請して、登録されなかったら、有料サービスの登録申請をしてください。
有料でお金がかかりますが、支払った以上の効果が期待できます。

ヤフーのカテゴリに登録されると、ヤフーからの集客が期待できること。
ヤフー登録サイトという信頼感を訪問者に持ってもらえること。
ヤフーの登録サイトになると、グーグルなどの他の検索サイトからも上位表示されることが多く、アクセスが期待できる。
飲食店経営者は、ホームページの管理、作成以外にもやることがたくさんあります。
ホームページのアクセスアップに時間をかけれないので、 時間を買う感覚で、ヤフーのカテゴリ登録の有料申請をオススメします。

この方法だけで、あとは、こまめにお店の情報を更新していくだけで、 ある程度のお客さんの来店が見込めます。これだけでは、不安な方は、無料で登録できるリンク集が検索サイトで探すと見つかりますので、 自分の地域にあった、カテゴリーに登録していくと、そのサイトからもアクセスが期待できます。
ブログ、ぐるなび、グルメギャオなどの飲食店検索サイトの場合は、こまめに情報の更新をおこなうことが一番の対策になります。

飲食店ホームページから、新規客、見込み客、常連客を作るコツ、ノウハウ

飲食店ホームページから新規客、見込み客をまず、来店してもらうには。
ホームページをみて来店された方が良く見られるのは、掲示板です。
これは、実際に来店したお客さんの書き込み。それに対する お店側の返答、と口コミ、感想、体験談が乗っている部分です。
これが一番重視されています。

で も、掲示板に書き込みされてないし、 という場合、まず、やってはいけないこと、自作自演。
これなら、掲示板を作らないほうがいいです。
どうしても掲示板を作りたいという場合、新店の場合、店主自ら、お客様のご挨拶として、書き込みます。
スタッフがいれば、スタッフのご挨拶も入れます。
そして、お客さんの励ましの書き込み待っています、的な、書き込み大歓迎という文章を書きます。
意外とお客さんは書き込みしたいなと思っていても、 本当に書き込みして良いのかと不安に思って書き込まないという人もいます。
そんな人に書き込んでもらえるように、書き込み大歓迎の 気持ちを伝えてください。
また、実際に書き込んでくれたお客さんの返信は、早めに書き込むこと。
そして、これは、他の未来のお客さんも見る文章なんだと 思って、返信してください。ホームページからほとんど集客している飲食店オーナーの中には、この掲示板の返信を大事に考え、 たった、5行から10行ぐらいの文章でも、何回も書き直し、この文章をみたら、自分の店のよさが伝わるだろうか、書き込みしてくれたお客さんが喜んでくれるだろうかということを考えて、 長い時は1時間ぐらい考えてから返信を書き込みしているオーナーもいます。

また、既にお店を何年も経営。ある程度、常連客がいる場合は、お店のホームページのアドレスを書いたショップカードを 作成し、掲示板に書きこみをお願いすること。
お願いすると、全員ではないですが、高い確率で 書き込みをしてくれます。
ある程度、数が集まってくると、いろんな人が書き込みしてくれるという良い循環になります。
掲示板の次によく見られるのは、そのお店を運営している人のブログやら、紹介ページです。
これは、何回か来店されたお客さんにはもちろん、再来店のきっかけにもなります。
また、新規のお客さんでも、同じ趣味、出身地が同じ、などから、親近感を持ってもらい、また、まだ行ったことがない店なのに、 どんなお店かがつたわってくるなど評判が良いです。

あと、飲食店のホームページはお客さんだけが見てるとは限りません。
雑誌、新聞、テレビ関係者も取材先の候補探しで検索されることも多く、特に、ユニークな店主がやっているお店は取材先に人気。
上手くすれば、ホームページでテレビ、雑誌に取り上げられるという集客効果も期待できます。
あとは、メニューの紹介、お店の地図、電話番号、店内の様子、など必要な情報を掲載されると良いと思います。
できる範囲でいいので、ちょっとした情報でも載せてあげてください。