飲食店フランチャイズ 飲食店開業

飲食店フランチャイズ 。
ラーメン、クレープ、たこ焼き、焼き鳥、居酒屋などの募集があるが、なぜ加盟契約して開店したほうが個人で開業するより成功しやすいのか。
その成功の理由。
フランチャイズ経営ノウハウ、コツ

飲食店フランチャイズとは

飲食店フランチャイズとは、飲食店の経営に必要な、物件立地の選定、従業員教育、研修、売上予測、宣伝、広告のシステム化、
飲食店営業に必要なオペレーションについてのノウハウをもつ。フランチャイズ本部は、フランチャイジーというフランチャイズ本部と契約を加盟した
個人、会社に対して、加盟料、システム利用料などの名目でお金を取る代わりに、本部がもっている飲食に必要な経営ノウハウ、
メニューのレシピ、看板を利用する権利を与える。これがおおまかにいう、飲食店フランチャイズの形。
本部としては、自分たちの加盟店を増やすことによって、加盟料、システム利用料の安定した収入の流れができること。
また、自分たちの自己資金を使わずに、他人資本を使って、店舗を増やすことができる。その飲食業界の中でのシェアーをあげることができるというメリットがあると考えられる。
加盟、契約する個人、会社にとってのメリットとして、飲食の知識がなくても、飲食店を開業することができる。
知名度のたかいフランチャイズであれば、その知名度の高い看板を使用することで
集客、売上を上げることができる。会社の新規分野の参入の場合、経営ノウハウをお金で投資することで、自分たちが何も知らない新規産業で一から、試行錯誤しながら、
立ち上げるよりも、短期間で、売上を作り、軌道にのせることができるただ、個人でも、これら飲食店フランチャイズと比較しても負けない飲食の知識、ノウハウを身につけて、自分が理想とする飲食店を開店、経営している、
地域一番店の個人店も多い。

飲食店フランチャイズと個人開業飲食店の比較

飲食フランチャイズと個人開業の飲食店を比較すると、フランチャイズでオープンするお店は、
開店当初から、しっかりとしたフランチャイズ本部の指導の元に、広告、宣伝、アルバイトの採用、教育と
開店景気を生かし、しっかりと予想売上を達成していく飲食店が多い。それと比較して、個人で開業、
特に過去に飲食を立ち上げたことがない未経験者が開店する場合。内装、外装工事の遅れや、必要書類でつまづき、予定通りに開店できない新店も多い。
自分のほかに、アルバイトで営業しようと思った場合。アルバイトの採用でもよっぽどの時給などの好条件を出さない限り、知名度の高い、フランチャイズ店の求人募集のほうに人が流れ、
思った求人を集めることができない。また、飲食店に大切な、メニューブックの作成。仕入先の確保、
お客さんが入ったときの営業、オペレーション、接客に不安からフランチャイズの飲食店と比較して、
新店オープンという広告、宣伝を打たなかったり、控えめにだしがち。
データの信憑性は確かではないが、
個人が飲食店をはじめた場合、同じ時期に飲食店の開業申請をした個人店が半年後には、10件のうち
9件が廃業、もしくは、ほぼ、廃業届けは出していないが、営業をしていないという状態になる。また、その10件のうち1件も2年以内にさらに10件に1件しか
生き残れないというというデータもある。その信憑性がどこまで正しいかはわからないが、個人店の新規開業の廃業率は、
飲食店フランチャイズと比較して、高いという。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

フランチャイズの飲食店が個人経営の飲食店よりも成功する確率が高い理由

フランチャイズの飲食店が個人経営の飲食店よりも成功する確率が高いのはなぜか。
飲食店フランチャイズの本部のほとんどが、実際に成功した繁盛店のビジネスモデルから、全国に通用するように、
マニュアル化、システム化した経営ノウハウを作っている。また、時代の変化に合わせてのメニューの導入、直営のモデル店での
新しい試み。直営店での試行錯誤した経営ノウハウを加盟店に反映する仕組み。
加盟店が多くなれば、テレビ、ラジオなどの広告媒体を使った、広告、宣伝が使える。個人店には太刀打ちできない広告、宣伝ができる。
知名度があがり、売上が作れる。などが考えられる。すべての飲食店フランチャイズがすばらしいとは限らないが、
優秀な本部だと、個人が太刀打ちできないノウハウをもっている可能性がある。
個人開業の場合、その開業する個人によって、差があるが、飲食業の知識が少ない可能性が高い。
飲食を開業するための保健所の手続き、必要な資格。料理のレシピ、料理の腕。決められた提供時間に出すというスピード。
店の内装、外装についての売上に必要な知識の欠如。メニューブックの作成方法。売上予測の仕方。物件選定の方法。
適正な家賃の算出方法。アルバイトを採用する場合の接客の指導方法。営業マニュアルが作れない。新店オープンに必要な広告宣伝のやり方。

 

料理の値段をいくらにするか、生ビールの値段はいくらにするか。料理の種類や、提供する数はどれくらいにするか、決めることがたくさんある。
このほかにも、飲食店といってもたくさんの項目が重なり合って、経営していかないといけない。
そのうえ、フランチャイズと比較して、新店には、お客さんの知名度、信頼度がない。
などの理由から、飲食店フランチャイズと比較して、個人で開業するほうが廃業する確率が高いと考えられる。