居酒屋集客販促グッズ 飲食店開業

居酒屋集客のアイデアとして販促グッズを使った、お店の宣伝に、店名が入った名入れライターの活用と、購入方法

居酒屋集客販促グッズ名入れライターの利用方法

店名と電話番号、宴会の簡単な説明の文章をライターに書き写す。
居酒屋の各客席の灰皿に店名オリジナルライターを置いておく。 来店してくれたお客さんの間で好評。
ライターは、実用性が高く、ガスがなくなるまで、何回も 使用される可能性が高い。
お店を出ても、一人のお客さんの行動範囲のなかで、自分の居酒屋の店名、 電話番号が宣伝されていく。
自分の店と属性があったお客さんの友達、知り合いも自分の居酒屋のお客さんになりやすい。
ピンポイントでの集客ができる。また、お客さんの身近にガスがなくなるまでの間、 店名が残る。
自分のお店が忘れさせない効果も高い。

ピンポイントで集客できると考えれば、 無作為にたくさんの人にただ、ばら撒いている広告と比較して集客効果が高いのかもしれない。
また、ライターを使用している人は、実際に利用したことがあるお客さん。会話のきっかけで、自分の居酒屋の 説明をお客さんの視点で説明をしてくれる宣伝塔の役目をしてくれる。

居酒屋集客販促名入れライターの予算、購入

名入れライターを導入しよう。
今使っている集客ツールの費用から、名入れライターの制作、注文する費用をだす。
近くに名入れライターを購入できるところを知らないので、ネットで検索してみる。
たくさんの会社が名入れライターを販売している。
値段は、各会社ごとで微妙に違う。
だいたい、200個以上からの注文が多い。
注文個数が増えれば、1個あたりのライターの値段が安くなっていく。
金額によって、送料無料や、版代が無料な会社もある。

オリジナル製品を作るわけだから、 何社かのライターの会社のホームページをチェックしたが、 簡単な範囲での制作なら、自動見積もりのコーナーで、必要な個数、色、文字の色数、選んだライターの種類を 選択していくとだいたいの予算がわかるようになっていた。
また、ある程度希望、リクエストがある場合は、 個別の質問として、メールでの問合せ、電話、FAXなどの問合せができるようになっている。
会社によっては、実際に制作したサンプル画像が乗っているのもあるので、 自分のお店のイメージに合ったライターを見つけたい。

居酒屋集客販促名入れライター制作、納入の期間

ライターに店名、ロゴ、営業時間などの文章を入れるデーター入稿作業と、そのデーターをもとに、 サンプル画像が送られてきて、そのサンプル画像を見ながら、修正する箇所があれば連絡し、修正。
修正する箇所がなければ、制作となる。
やり取りがあるので、注文してから、すぐに必要な場合、 開店記念に間に合わせたい場合は、早めに申込をすること。
納得がいくライターを作りたいと思うなら、急がないこと。
急ぐと、できてきた、サンプル画像をみて、本当は、気に入らない箇所があっても 納入する期間が遅くなるので、妥協してしまう。
後で、もう少し変更したい箇所が見つかることが多い。
安い投資ではないので、慎重にすること。