居酒屋集客アイデア1 飲食店開業

居酒屋店主が考える自分の飲食店にお客さんを集めるお金をかけずに、売上アップに直結、簡単にできる集客のアイデア。

居酒屋集客アイデア接客

居酒屋を開業。
どうやって、集客アイデアをだすか?
お金をかけずに簡単に売上をアップさせる方法はないのか。
居酒屋を経営して思ったこと。

既存店の居酒屋の場合、最大の集客は接客。
接客以外でお客さんをリピートさせることは 難しい。
特に、個人店居酒屋の場合、接客のよしあしで売上が変わるといっても過言でない。

接客のノウハウ。
フランチャイズの接客とは違うものが求められる。
ただ、接客と思うから、かしこまってしまい、どうしたらよいのか途方にくれる。
私は、地味だから、無口だから、接客向きではないと いう飲食店オーナーも多い。
が、一般的に言われる接客上手が必ずしも集客につながるとはかぎらない。
無口な店主でも、笑顔が出せない分、来店してくれたお客さんに感謝を伝える方法を自分なりに考え、 サービスで、その日のおすすめメニューを出したりしている。
トークもそのままで、「本日は来店ありがとうございます。これ、おいしいので、サービスです。食べてくださいね」 自分なりに、来店してくれたお客さんにまた来てもらいたいという気持ちを伝える方法を考えるのが、 接客だと思う。

居酒屋集客アイデア新規客は店舗の外観

新規客が少ない。
既存客の減少よりも、新規客の集客に問題がある場合。
居酒屋集客のアイデアとして、自分のお店を客観的に外から見るという作業が大事になる。
お客さんは、店舗の外から来る。
中からはこない。
居酒屋オーナーは中にいて営業。
意外と、自分のお店が どんな感じでお客さんに見えているのかわからないということが多い。

自分がお客さんでお店を探しているときに、 自分が経営する居酒屋に入店するだろうか?
どんな風に見えるのか?
もしかしたら、居酒屋に見えていないのかも?
携帯のカメラでも、デジカメでもいいので、自分のお店を撮影する
。画像を見ながら、お客さん目線でチェックする。
オススメのメニューを書いた黒板を掲示したほうがいいかもしれないし、明るさが足りないと思えば、照明をつける。
ホームセンターに行けば、店舗の外におけるイーゼルや、提灯などが売っている。
新規客の来店のきっかけは、認知度を高めること。
集客のコツは、外観の改造。
イメージにあった外観、看板を作ること。

居酒屋集客アイデア方法競合店から学ぶ

売上アップのコツは、新規客の集客アップと、既存客のリピート率を上げること。
集客のアイデアとして、ポイントカード、携帯メール、自分のお店のホームページ作成、 フリーペーパーの掲載、などが考えられる。
お店の規模、業種によって、どの販促方法を選ぶのか、どんどん新しい集客アイデアが生まれてきている。
情報収集を怠らない。
居酒屋をはじめると、他の居酒屋にいかないというオーナーも多いが、 定休日を作って、どんどんと競合店にいく。
競合店に行くことで、新しい集客のアイデアを見つけることができたりする。
競合店がだしているチラシ、パンフレット。地元のフリーペーパーや、折込みチラシをチェックし、競合店の集客アイデアを研究する。
自分の居酒屋で使えそうな集客アイデアを見つけたら、実行してみる。
いっぺんに資金を投入するのではなく、小予算で実験してみる。
集客結果をみて、手直ししてもう一度集客アイデアを試す。
集客アイデアは一つに絞るのではなく、実行できるもの全部を取り入れたほうが集客できる数が増え、売上がアップする。