ホシザキビールサーバー 飲食店開業

ホシザキのビールサーバー。
業務用の製氷機、給茶機、冷蔵庫、冷凍庫、台下冷蔵庫などメーカで有名なホシザキのビールサーバーを使った生ビールの注ぎ方。

ホシザキビールサーバーの生ビールの注ぎ方

新品:福島工業(フクシマ) ビールサーバー(ビールディスペンサー) 瞬間冷却式 卓上タイプ FTN-80S1

新品:福島工業(フクシマ) ビールサーバー(ビールディスペンサー) 瞬間冷却式 卓上タイプ FTN-80S1
新品:福島工業(フクシマ) ビールサーバー(ビールディスペンサー) 瞬間冷却式 卓上タイプ FTN-80W1

新品:福島工業(フクシマ) ビールサーバー(ビールディスペンサー) 瞬間冷却式 卓上タイプ FTN-80W1
アサヒビールのスーバードライなどの生ビール樽を購入している飲食店として、 取引先の酒屋さんを通して、生ビールを提供するビールサーバーを無償でリースできた。
そのビールサーバーはホシザキ製。
飲食店を始めて経験する経営者、従業員などに、 生ビールの注ぎ方を指導してくれるセミナー、講習会をビールメーカーであるアサヒビールが 年に何回か開催してくれる。
その生ビールの講習会では、ビール会社から派遣された講師が 生ビールの注ぎ方から、ビールサーバーの営業後の洗浄方法。樽交換の仕方を指導してくれる。
生ビールの注ぎ方は、泡を立てずに、まずは、黄金水だけをジョッキのマークのところまで注ぐ。
そして、そこから、泡を足して出来上がり。
文章にして説明するとわかりずらいが、 実際に、ビールサーバーで講師の方が、説明しながら、生ビールを注ぎ。 そのあとに、少人数のグループに分かれて実際にビールサーバーを使って、生ビールを注ぐので 慣れると簡単にできるようになる。

ビールサーバーでの生ビールの失敗

ビールサーバーを使っての生ビールの失敗。
失敗としては、泡がかに泡になる、 クリーミーな泡が出ない、黄金色した生ビールが出ないで、ジョッキが泡だらけになる、などの失敗例がある。

失敗の原因としては、生ビールを注ぐジョッキがきれいに洗浄されていない。
飲食店は油ものの料理も多く、 丁寧にジョッキについた油分を落とさないと、きれいな生ビールができない。
また、樽の温度にあわせた炭酸ガスのガス圧のメモリーが適切ではない場合も生ビールが泡だらけになる原因となる。
樽内の温度を測る温度計をビール会社が支給してくれるので、その温度計で適切なガス圧に 設定する。夏場と、冬場では、樽内の温度が違うので、定期的に生ビールのビール樽の温度をはかり、 適切なガス圧に設定すること。

ホシザキビールサーバーメンテナンス

ビールサーバーも機械。
故障することも。
取引先の酒屋さんを通して、ビール会社からビールサーバーを 提供されている場合、アサヒビールの場合、地域の営業マンがビールサーバーで困ったことがあれば、 修理、メンテナンスなどの面で相談にのってくれる。
また、ホシザキは、 業務用の製氷機業務用冷凍庫業務用冷蔵庫冷蔵ショーケースなどの 業務用厨房機器の大手メーカー。
各地に営業所があり、個人で、直接ホシザキの営業所で購入した場合でも、 故障、修理、メンテナンスなどの相談に営業所が対応してくれる。