飲食店開業厨房 飲食店開業

飲食店開業計画に必要な厨房設備、設計から、レイアウト、換気に必要なダクト、換気扇の位置は。
開店資金の節約にリサイクルショップ格安、激安価格で、中古の業務用用品を購入して取り付けるなど飲食店開店計画に必要な厨房のノウハウ。

飲食店厨房設備のレイアウトの設計考え方

厨房設備のレイアウト
厨房をどんなレイアウトで設計するか。
居抜き物件の場合以外、特に、スケルトンで、一から、 飲食店舗物件を設計し、お店を作り上げるという場合、どのように厨房を設計してくかが、これから飲食店を開業するという大事な要素になります。

厨房のレイアウトのよしあしで、これからオープンするお店の経営に差が出ます。
それは、売り上げ、人件費、光熱費、原材料費などに差が出ます。
厨房のレイアウトが使いやすい構造になっているのが、飲食店フランチャイズです。
逆に、個人経営の飲食店の厨房レイアウトは使いにくい構造になっていることが多いです。
もちろん、個人のお店でも、オーナーが厨房レイアウトを研究し、使いやすいように設計しているお店もあります。
レイアウト設計の考え方として、いかに、少ない人数で、効率よく、料理を提供できるか。
という考え方が大切です。
これは、少ない人数=人件費の節約、効率よく料理の提供=お客さんの不満をなくす、回転率のアップ→売り上げのアップ。 ということを可能にします。

厨房の換気、煙対策のダクト、換気扇

飲食店の厨房で必要なもの
それは、ダクト、換気扇。
焼鳥屋、焼き肉屋、お好み焼きや、中華料理。ラーメン屋など、 換気扇とダクトは必要です。

問題は、どのくらいの換気ができるのか。
焼鳥屋は焼き鳥を焼くときに煙が出ます。
その煙を店内に流れないようにするために、換気扇とダクトが必要です。
どのくらい、煙を吸ってくれる力が必要か。
煙を吸う力が足りなければ、換気扇と、ダクトがあっても、店内に煙が流れ込みます。
また、換気扇の力が強すぎると 入り口のドアが開きにくいという問題がおきることもあります。
ただ、専門の知識がないとわからない問題なので、 専門の業者の人の意見を参考にしながら、設置するという方法になるとおもいます。
できれば、飲食店オーナーの人から、業者さんを紹介してもらうか、飲食店のダクト、換気扇をたくさん設置している実 績のある業者さんに依頼するのが、一番だと思います。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

厨房用品をリサイクルショップ、中古品で格安購入

厨房用品を新品で揃えようとすると、開店資金の予算では足りない。
見積もりが増えすぎる。
自己資金内で飲食店を開業したいという人に人気なのが、 中古の業務用品、厨房器具を販売しているリサイクルショップです。

全国チェーンのリサイクルショップから、各地にある個人経営のリサイクルショップなどがあります。
タウンページなどで、リサイクルショップでも何件か検索することができると思います。また、ネットでも、 ホームページを持っている中古リサイクルショップもあります。
オークションサイト にも出店している場合もあります。
新品の厨房器具だと予算の関係上購入できない器具でも、中古品だと予算内で格安に購入できます。
中古リサイクルショップで購入する際の注意点としては、二層シンクや、作業台などの修理が必要でない業務用品は購入することに問題はありません。

新品の価格と比較すると、リサイクルショップの値段は、ほとんど激安、格安値段にみえます。
業務用冷凍庫、業務用冷蔵庫、製氷機などの機械系の厨房器具は、修理の必要性、メンテナンスが大事になってきます。
もし、中古品で業務用冷蔵庫や、製氷機を購入するというときは、
購入先のリサイクルショップに故障したときに修理することができるのか?
修理をしてくれる業者を知っているのか?
もし、どちらでもないという場合は、 新品厨房器具を購入したほうが、故障したときのメンテナンスも修理の面でも対応が早いです。
できれば、開業準備、情報収集の段階で、リサイクルショップの情報、厨房器具の価格、修理もできる機械系に強い業者を持っておくと、 開業資金を節約できます。