チラシの作り方 飲食店開業

開店のお知らせから、新メニューの紹介、飲食店に必要なチラシの作り方。
飲食店オーナーが自らチラシを作成する方法。
新聞折込みの配布のコツ。
チラシを印刷会社や、デザイン会社に依頼するときの注意点は。

チラシ作成

チラシ作成のデザインとは
飲食店で必要な内容は、開店のお知らせ、リニューアルオープンのお知らせ、移転などのおしらせ、 新メニューのお知らせ、
忘年会の宴会時期の宴会予約承ります、お持帰りメニューのチラシなどがあります。
チラシ作成デザインで注意すること。
つい、デザイン会社に依頼すると、デザインに重点を置きすぎて、 何が伝えたいのかお客さんに飲食店側が何を伝えたいのかわからないチラシになることがある。
料理の写真がきれいに撮影されているだけでは今のお客さんは来店してくれるきっかけにはならない。
何回もデザイン会社に依頼してチラシを新聞折込みにいれ、お客さんを集客していくと、 その地域のお客さんが反応する広告チラシと、全然来店しない広告の効果のないチラシがでてくる。
料理のイメージの写真だけのチラシより、文字がしっかりと書かれたちらし。お店の情報がしっかり掲載した チラシを作成したほうがお客さんの反応がよい。来店する人数が多い。

飲食店用のチラシ作り方

飲食店のチラシ。
デザイン会社、印刷会社に依頼する場合と、パソコン、プリンターがあれば、飲食店主自ら、作成することもできる。
また、最近では、筆文字で手書きのチラシを作成する飲食店も増えてきている。
アマゾンや、楽天ブックスで、ちらし作成の本を検索すれば 飲食店向きのチラシの書き方、作成方法や、実際に飲食店で使われたチラシの見本が載っている書籍が何冊か見つかる。
興味がある人は、購入してみるとよい。

飲食店のちらし作成方法について何もヒントのない状態でチラシを作成するよりも、自店のメニュー、営業時間、おすすめなどの情報を 書いていけば、それなりのチラシを作成することができる。
デザイン会社、印刷会社に依頼する場合は、専門業者だから、すべて任せるというのではなく、 飲食店経営者である自分がお客さんに伝えたいことがあり、それをデザイン、構成、レイアウト、文章が得意な印刷会社さんに チラシを作成してもらう。
自分が、デザインが苦手なので、その苦手なデザインを代行してもらっているスタンスで依頼したほうが お客さんに反応のよいチラシを作成することができる。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

チラシ配布、新聞折込みでの配布

実際に、完成したチラシ、 どうやって、お客さんに配布するか。
これから、開店するオープンするお知らせのチラシの場合、 新聞の折込を利用するという方法がある。
お店の規模によって、集客したい人数も変わると思う。
小規模の飲食店の場合、集客の商圏と考えられるのは、徒歩10分。 車でも20分ぐらいなので。
その範囲の商圏に折込みチラシを配布すればよい。
初めてのお店で、営業面でお客さんの接客、料理の 提供時間に不安があるなら、開店チラシをいっぺんに配布するのではなく、 何回かに分けて配布したほうが、来店したお客さんに不愉快な思いをさせることもなく、お店のファンをつくりやすい。
また、開店当時は、看板や、外装にお金をかけると、新しいお店が開店しただけで、宣伝効果があるので、 開店効果がなくなる、開店1ヵ月後から、3ヵ月後に、宣伝広告のチラシを何回かに分けて新聞折込みにいれて配布するほうが 人の手配や、営業のムラもなく、計画的に売り上げを作ることができる。