店舗看板飲食店集客ノウハウ 飲食店開業

店舗看板は飲食店集客ツールとして、やり方しだいでコストをかけず格安で宣伝広告の効果の出る集客ツール。
見込み客をどんどん来店させるノウハウとは

店舗の外観を使った集客方法

店舗外装を使った集客方法のメリット。
一度作成すると、年中無休24時間、自分のお店の集客ツールとして活躍します。
フリーペーパーや、折込みチラシ、テレビ、ラジオと違い、お店が存続するかぎり宣伝します。

また、経費もコンスタントに集客することができれば、たの集客ツールと比較して格安に宣伝、広告することができます。
また、飲食店を利用するお客様は、飲食店周辺に勤務している人、住んでいる人と、商圏が狭いといわれています。
店舗外観を集客ツールと考えれば、店舗の前を通行する人は、有力な来店候補者、見込み客となります。
その有力な、見込み客に直接アピールできる店舗外観の集客は、大事な要素になります。

店舗外装を集客ツールとする

店舗外装を集客ツールとする方法として、看板、店頭にイーゼルなどをつかい、メニューブックをだすという方法があります。
まだ、開店準備の段階で、情報を集めている場合、自分のお店にあった看板はどんなイメージかシュミレーションをするのは、お金もかからず、将来のお店作りの役に立ちます。

飲食店希望者だと、各地の繁盛店めぐりをしている方も多いと思いますが、そのときに、料理の味のほかに、 その繁盛店の看板、外観はどんなイメージかスケッチしておくとあとあと、実際にお店を開店するときの資料として役立ちます。
店舗の外装は、大事な集客のツールなんだという認識を持つだけで、他店との差別化が図れます。

現在飲食店を経営中、
看板を含め、店舗外装が集客ツールとしての役目を果たしていないと考えるオーナーさん。
ただ、看板、外装にお金をかける余裕がないという場合は、 まず、現状確認の意味で、デジカメもしくは、カメラ付き携帯で自分のお店の外装写真を撮影すること。
一度、画像に写すことで、客観的に自分の店の外観の問題点を見つけることができます。
ホームセンターや、東急ハンズ、ネットなどの業務用の商品を扱っているショップでは、店舗店頭における販売促進グッズがたくさんあるので、 その中から、自店に合いそうなグッズを購入し、設置するだけでも、今までよりも集客ができます。
入り口の照明を明るくするだけでも、お客さんの数が増えるという事例もあります。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

見込み客は店頭から情報を集めて来店するかどうかを決める

見込み客は、どんなきっかけでお店に来店するかどうか決めるのでしょうか?
飲食店オーナーなら誰でも知りたいと思う情報です。
一般的に、電話予約など、最初からお店をきめていない見込み客が 来店するきっかけ、理由は、店頭です。

それは、例えば、どっかで飲もうということに、繁華街をうろうろ、 醤油のいい香り、なんだろうと近づくと、自分と同じようなサラリーマンが楽しそうに飲んでいる。
店頭には、「焼き鳥盛り合わせ〇〇〇円」、「冷えた生ビールあります♪〇〇〇円。」「カウンター、テーブル席、座敷もあります。」 お気軽にどうぞ♪と。
いいにおいはするし、たくさんお客さんもいるし、値段もこんなにはっきり書いてあるし、 よし、ここで今日は飲もう♪というような似たような経験がありませんか。
また、その日はそこで飲まなくても、後日、気になった飲食店に来店したという経験はありませんか。 人間は、無意識のうちに毎日通行する飲食店の情報を自然と集めています。
毎日混んでいる様子が窓から見えれば、こんなに流行っているからおいしいお店なのかな?
新メニューはじめました。日替わりメニューを毎日黒板に書いていれば、今日は、刺身がオススメなのか?
や、 今日は、宴会で貸切か、 自分も幹事になったら、この飲食店で宴会しようかな、などなど。
来店したいと思う理由になる情報が多ければ多いほど、店頭外観でお客さんを集客することができます。