飲食店開業資金 飲食店開業

飲食店開業資金を国民生活金融公庫の新規開業資金融資制度を利用して調達。
商工会議所の融資制度とは、自己資金での開業のメリット

新規開業資金とは国民生活金融公庫の融資制度

新規開業資金もしくは、新企業育成貸付ともよばれる。
国民生活金融公庫の融資制度の一つである。 こ
れは、新たに事業を始める、事業開始後約5年以内の開業者に資金を融資する制度。

融資対象者は、細かい基準があるので、自分が、該当するかどうかは、直接、国民生活金融公庫の窓口で確認したらよい。
融資の限度額は、7200万円以内。
運転資金は4800万円以内。
返済期間は、設備資金は、15年以内。運転資金は5年以内。
ただ、特に必要な場合は7年以内となっている。

保証人、担保については、相談、希望という形になっているので、融資を希望する際に確認、相談したほうが良い。
また、新規開業資金として、新創業融資制度は、無担保、無保証人で利用できる制度も開設されているので、 自分がどんな形で開業資金を集めたいのかということを考えながら、各融資制度の条件をみながら、自分はどの融資制度が使えるかを 考える事が大事。

開業資金商工会議所

開業資金を融資してもらう。
各地にある商工会議所では、これから、新規開業をめざす開業希望者向けの融資制度を設けているところもある。
融資対象者の条件、融資の限度額、返済期間等など、細かい条件などは、商工会議所のホームページに記載されている。
これから、商売を始める人に役にたつ、創業塾などのセミナーも開かれている商工会議所も多い。

開業資金を集めるときに、融資を利用できれば、返済条件、返済利率などで有利な条件で融資を利用できるので、 自分が、開業する土地の商工会議所で、新規開業の融資制度がないかどうか、調べておくと、実際に開業をするときに役に立つ。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

開業資金自己資金

開業資金を自己資金で開業を予定している場合、自己資金をどれだけ用意できるか、一般的に自己資金をどれだけ用意できるかが 大切になる。
国民生活金融公庫、銀行、信金など、実際に開業予定者が、どれだけ自己資金を用意できるかを融資額の判断に使っている場合もある。 また、自己資金がある方が、何かと開業資金を集める際にも融資の判断の信用につながる。

多いほうが、融資にたいする評価が高い。
将来、開業を希望するなら、今からでも自己資金を積み立てることをはじめたほうが良い。
特に、毎月、決まった額を積み立てていくという行為が、融資をうけた資金を毎月、返済していく姿と同じから、 融資を決める担当者に好印象を与えることが多い。
開業資金とは、予想外の出費が必ず起こるもの。 そのときも、自己資金があれば、対処できることが多い。