名刺、ショップカード飲食店集客方法 飲食店開業

名刺、ショップカードを利用した集客方法。
売り上げアップ、顧客満足をあげる名刺とは。
作成するときに注意するポイント、ノウハウ

名刺・ショップカードで売り上げアップ

お店の情報をのせたショップカード。
飲食店オーナーの携帯番号がのった名刺など、飲食店でも名刺、ショップカードを作成することがあります。
その名刺、集客をあげるツールとして、活用することができる。

活用方法として、レジの横にご自由にどうぞとショップカードが置かれている飲食店をみかける。
また、客席のスペースに、ショップカードを置いているお店の多い。
これだと、お店の情報が欲しいと思っているお客さんが気軽にショップカードを持って帰ってくれる。

なぜ、名刺、ショップカードは売り上げアップ、集客ツールとして役立つのか。
それは、お客さんは、1回来店しても、お店の情報、ショップデーターについて覚えられない。
何回も通っている常連といわれるお客さんでも、店側が思うほどお店の情報についてしらない。
ある程度、営業時間や、決まった定休日ぐらいなら覚えていても、 宴会メニューがあることを知らないという場合は良くある。
ショップカードに、営業時間、定休日の情報以外に、宴会の情報をのせると それをみた人が宴会の予約をしてくれて売り上げアップにつながる。

名刺、ショップカードの作り方

名刺、ショップカードの作成方法。
格安で名刺を印刷してくれる会社もふえて、予算に合わせて名刺を作成することができるように。
家に、パソコンとプリンターがあれば、名刺ソフト、年賀状ソフトに付属する名刺作成機能を使って、ショップカード、名刺を作成することも可能。

名刺には、店名、営業時間、住所、電話番号だけというものも見かけるが、例えば、お客さんによく聞かれる項目を追加して記載することもお勧め。
「宴会コースはありますか。」「何名様から受けてくれるのか?」「最大何名まではいれるのか?」
と自分のお店で聞かれることがあれば、 他のお客さんにとっても知りたいお店の情報なので、記載しておくとスムーズに宴会の予約がとれたりします。

お客さんに名刺交換、ショップカードを渡すのか

せっかく、作成した名刺、ショップカード。
たくさんのお客さんに渡してピーアルしたいところ。
この名刺をわたすことに力をいれている店長も多いです。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

例えば、お会計時に、お店のホームページがあるので、良かったら、 見てくださいと言って、アドレス入りの名刺を配る店長。
オーダーのときに、宴会の質問をされたときに、 こんな感じの予算で宴会しているので、お店の番号も載っているので、といって、名刺を渡す店長。
どんなきっかけも見落とさずに、チャンスがあれば必ず名刺を配る。
徹底している店長だと、オーダーが落ち着いたテーブル全部を順番に回り、自己紹介と来店してくれたありがとうございますの 挨拶を兼ねて、名刺をすべてのお客さんに配る方法もある。
丁寧に配ると、サラリーマンを中心に名刺交換してくれるお客さんも多く、 重要な顧客名簿となっている。