BGM 飲食店 飲食店開業

飲食店にかかっている音楽。
有線放送を使って、最新ポップを流しているお店から、オーナーこだわりの曲を流している飲食店。BGMで売上が変わるという書籍まである、飲食店のBGMについて。

飲食店のBGMは有線放送

飲食店のBGM。
ふだん、外食をしても意識して聞かないとどんな音楽がかかっているのか。 きにならないBGM。
飲食店で多いのが、有線。

有線放送を導入して、 最新ポップを流している飲食店が多いです。
もちろん、有線放送は、最新音楽が流れているチャンネル以外にも、 リクエスト曲を流しているチャンネルや、 なつかしの80年代、90年代など、時代ごとのヒット曲を流している番組など、 たくさんの音楽チャンネルがあります。

飲食店のBGMに有線が選ばれている理由としては、 月々の有線の料金を支払えば、音楽の選曲をしなくても、BGMを流すことができること。
日々の営業の中で、音楽に強いこだわりがなければ、どの音楽を流せばいいのか悩みます。 とりあえず、有線の最新音楽のチャンネルを流しておけばそれなりのBGMになる、という理由が多いです。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

こだわりの飲食店の音楽はオーナーの趣味で洋楽、ジャズ

飲食店のオーナーのこだわりのあるお店のBGMでは、そのマスターが大好きな、洋楽や、ジャズを流している。
そんな飲食店もあります。
また、その洋楽や、ジャズの話を楽しみに同じような趣味を持つお客さんが集まる飲食店もあります。
ドリンクーメニュー主体のバーや、カフェーなどの形態、職種に多いBGMです。
この場合は、飲食店オーナーに音楽に対するすごいこだわりがあるので、 どの曲をかけたらいいのかという悩みはありません。
逆に、自分の好きな音楽をかけたい。 自分の好きな音楽にあうお店を作りたいという理由でお店を開業しているオーナーもいます。

飲食店売上はBGMでかわる

飲食店の売上はBGMで変わるという説も最近では、経営コンサルタントの間でも 言われ始めています。
これが売れる音楽だというよりは、 その飲食店にあったBGMを選曲することで、他店との差別化、お客さんとのつながりの強化などがあります。

こだわりの飲食店オーナーのお店は、その音楽に対するこだわりで、同じような音楽ファンにたいして の集客で他店と比較してリードします。
また、お客さんにとって、好きな曲が流れている空間での食事は、 滞在時間も長くなる。
追加注文が増える。客単価が上がる、売上アップする。、同じような属性のお客さんが集まりやすい、口コミで集客が期待できる、などの効果が考えられます。