飲食店の原価率 飲食店開業

飲食店の原価率とは。その計算方法、飲食店開業希望者も知りたい基本的な飲食業の疑問に、飲食店オーナーが答えます

飲食店の原価率計算方法

飲食店の原価率の計算方法。
必要な数字は、メニューごとの売価。そのメニューに必要な食材の原価。

計算式は、

必要な食材の原価÷メニューの売価×100=原価率。

例えば、食材費200円。
メニューの売価400円の場合。

200÷400×100=50。

原価率は50パーセントになる。

飲食業原価率。飲食店を開業したい。独立開業を希望している人が気になることに、 原価率はいくらぐらいが平均なのかという疑問があります。
一般的に飲食業の原価率平均は30パーセント、 という風に飲食業開業本には書かれていることが多いです。

原価率を調べる方法としては、 飲食フランチャイズのホームページには、必ず、売上予測、家賃の目安、人件費、広告宣伝費、そして、 原価率についての記載がされているので、いろいろな飲食フランチャイズのサイトから、 原価率について情報収集をするとだいたいの飲食業の目安となる原価率が見えてきます。

飲食店の原価率を上げる原因

飲食店の原価率。
メニューごとの売価を決め、必要な食材の原価を売価で割れば原価率がでます。
食材費が250円。売値が500円なら、原価率は50パーセントです。

この原価率は、あくまでも計算上の原価率です。実際の飲食営業では、計算どおりの原価率になるとは限りません。
原価率が上がる原因としては、ロスが考えられます。
発注の失敗、調理の失敗など、材料のロスは、意識してもなくなりません。
また、原価率の高い商品、原価率の低いメニューを混ぜながら、平均して原価率をきめている飲食店では、 原価率の高い商品、メニューが売上に占める割合が高くなり、原価率の低い商品、メニューがでない。、という原因でも予定していた原価率よりも原価率があがることもあります。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

飲食店原価率の平均

飲食店といっても、ラーメン屋もあれば、居酒屋、焼き肉屋、喫茶店など提供する料理が違い、 原価率の平均は違います。

ラーメン屋の場合は、22パーセントぐらいで組み立てるラーメン店もあります。
この場合は、自分のお店でスープ、たれを作っている場合です。
ただ、自分の店で作れば、 スープを作るために光熱費がかかります。
とくに長時間煮込めば、ガス代がかかります。

自分のお店でスープを作らない場合は、原材料費がかかりますが、光熱費は、長時間ガスを使わないので、 ガス代は、自分の店でスープを作る場合に比較して料金はかかりません。

居酒屋の場合は、生ビールのようなアルコールだと、相場どおりの値段設定にすると、原価率が50パーセントの商品もあります。
平均すると30パーセントに落ち着くようなメニュー構成にしています。
すべての料理を30パーセントにしているわけではありません。

焼肉屋は飲食業の中では原価率が高めの商売です。 ただ、焼肉屋は、お客さんに調理してもらえる分、他の業種と比べて、売上に占める人件費の比率が低いです。