飲食店のショップカード 飲食店開業

ショップカード。
飲食店、美容室、ラーメン屋などにある店の営業時間や、地図、イラストが記載されている名刺サイズショップカードの作成方法

ショップカード飲食店制作

飲食店用のショップカードの作成方法。
ショップカードにのせる情報。
お店の営業時間、定休日、席予約、宴会予約の電話番号。、お店の場所がわかる地図。
オススメのメニューを載せる。
客席の写真入りで店内の様子紹介。

名刺サイズの大きさで、飲食店の営業情報を載せることができます。
大きさも名刺サイズだと、お客さんの財布の中にも保管が可能。 必要なときに、自分のお店の情報を調べてもらうことができます。

そのショップカード制作方法は、パソコンを使って、名刺用のプリント用紙に印刷して作成する方法。
印刷会社や、名刺作成の会社にショップカード作成、印刷を注文する方法があります。

印刷会社や、名刺作成会社によっては実際に作成したショップカードの見本や、サンプルデザインを参考に、 レイアウトを希望するレイアウトを決める作成方法。
何種類かのショップカードのテンプレートが用意されていて、 自分の飲食店の情報、店舗住所、お店の電話番号、客席数、宴会のコース説明、店舗の地図などをテンプレートに 合わせて印刷していきます。

テンプレートが決まっているショップカードの印刷料金だと格安にショップカードを作成することができます。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

ショップカード美容室はデザインが大事

ショップカードといえば、カフェや、レストラン、ラーメン屋など飲食店ではレジの横や、テーブルに置かれています。
美容室でもショップカードを作成して配布しているお店も多いです。

予約優先の美容室では、電話予約してから来店するお客さんが多いです。
お店の電話番号をお客さんに知ってもらう。
また、カット料金、ストレートパーマや、エクステなど、自分の美容室で提供するサービス内容を一覧にして ショップカードに記載している美容室が多いです。
美容室は、ファッションセンス、美容センスが大事な職種なので、 どの美容室も、ショップカードデザインにこだわり、イラスト入りでお店のイメージを演出する美容室。
モデルさんの写真入りでヘアーデザインのイメージを伝えたりとショップカード作成にも工夫がされています。
ショップカードの紙質にもこだわっている美容室も多いです。

ショップカードオーダー

ショップカードオーダー。
ショップカードの制作方法では、一番料金がかかる作成方法です。
お客さんの印象にのこるショップカードを作りたい、料金がかかっても納得のいくショップカードにしたい。、というオーナーを中心に利用されている作成方法です。

オーダーメードでショップカードを注文する際の注意点としては、 テンプレートを利用して作成する方法と比較して、注文してから、納品されるまでに時間がかかること。
オープン日に間に合わせるためには、どの印刷会社、名刺作成会社でも、目安となる注文を受けてから、納品までの期間が 記載されているので、早めに注文すること。


オーダーでショップカードを作る、納得の行くショップカードを作成するには、 何回も手直し、修正して、お客さんの意見も取り入れながら、はじめてこれだというショップカードが完成すると 考えていたほうがいいです。
ただ、納得の行くショップカードができれば、 集客のツールとして大活躍をします。